債務整理 過払い金請求 大阪で債務整理、過払い金請求なら司法書士法人リーガルパートナー

大阪の債務整理なら司法書士法人リーガルパートナー土曜も営業!どうぞお気軽にご連絡ください! 0120-51-8107
大阪の司法書士法人リーガルパートナー債務整理ブラックリスト>ブラックリスト06
当法人代表 加藤俊夫著「司法書士がやさしく教える借金問題 解決バイブル」のご紹介
  • フォトギャラリー
  • 無料相談室
  • 過払い金・債務整理
  • 個人再生・自己破産相談室
  • 相続遺言相談室
  • 成年・任意後見相談室
  • 離婚手続き相談室
  • 帰化申請相談室
  • 会社設立相談室
  • 人事労務・就業規則
  • 建設業許可
ザ・ブラックリスト
ブラックリストとは?

「債務整理をすればブラックリストに載る?」
ここでは、そういった質問に対し、
皆様に少しでも「ブラックリスト」に関する
諸問題を理解してもらうために、
「ブラックリスト」について ご説明致します。

⇒ 1. ブラックリストは実在する?

⇒ 2. ブラックリストの内容は?

⇒ 3. ブラックリストにはいつまで載るの?

⇒ 4. ブラックリストの取扱機関とは?

⇒ 5. 債務整理とブラックリスト

⇒ 6. 過払い請求とブラックリスト

⇒ 7. ブラックリストを確認するには

⇒ 8. 自己情報に疑問を感じたら?


6.過払い請求とブラックリスト

 『 過払い金 』 という言葉は、既に多くの人々が知るものとなっていますが、

では、この 『 過払い金 』 を取り戻すことで、皆様の信用情報がブラック(事故)情報として

何らかの記載がなされてしまうのでしょうか?

 貸金業法等の改正により、近年は、金融業界を 取り巻く環境が 一段と激変しています。

そういった流れの中で、各 信用情報機関も、新たに創設された 「 指定信用情報機関制度 」 に

基づき、同機関として 登録しなければならなくなります。

 以上のような流れから、今まで見えづらかった 自分の信用情報を 自ら白日のもとにし、

管理・利用できる機会は広がっています。

 <<『 過払い金 』 は、これまで高金利を 払い続けてきた方々にとっては、

                                   その誰もが主張しえる権利です。>>

 しかしながら、「 もう終わったことだから・・・ 」

          「 過払い金を取り戻すと事故情報になるのでは・・・ 」 と

                    一歩踏み出すことができない人も多いのではないでしょうか。

 司法書士法人リーガルパートナーは、

           そんな皆様の「過払い金」の取り戻しに全力でお手伝い致します。


 以下は、完済後の過払い金請求に対する各信用情報機関の信用情報の取り扱いです。

      これを見て、あなたも 安心して 『 過払い金 』 の取り戻しに 一歩 踏み出して下さい



≪「過払い金」返還請求に係る各信用情報機関の取り扱い≫

株式会社 日本信用情報機構   ⇒

                         原則、信用情報に何ら載らない。

全国銀行 個人信用情報センター ⇒

                         元来から法定金利内での貸付のため、

                         引き直し計算の非対象。

株式会社 CIC             ⇒

                         原則、信用情報に何ら載らない。

株式会社 CCB            ⇒

                       完済後でも、そのカードがまだ使用可能の状態であれば、

       サービス情報として「司法書士・弁護士介入」といった情報が任意で記載され得る。

              ※但し、株式会社CCBについては、契約を完全に解消した 後であれば、

                                      任意記載できないとも言えます。


 いずれの信用機関も、契約が完全に終了しているものについては、継続していない取引に

新たな情報を追記することは ないというのが基本的な考え方のようです。

 


⇒ 7. ブラックリストを確認するには

お問い合わせ・無料相談はこちらから
フリーダイヤル:0120-51-8107